ニュース&トピックス
NEWS & TOPICS

2022年11月11日
横浜商科大学

防災訓練を実施しました

11月1日に学内からの火災を想定した防災訓練を実施しました。

当日は約50名の学生と教員および職員が参加。鶴見消防署岸谷消防出張所の穂積署長より、鶴見区内での火災発生状況や火災発生要因、火の取り扱いに関する注意点等の指導を受けました。また、火災発生時を想定し、学生たちは消火栓や水消火器による放水訓練を体験しました。火災に関する知識を改めて学び、体験をすることで、防災に関する意識を高める機会となりました。

 

▶火災を想定しピロティへ集合。穂積署長より、火災に関する知識を学びました。

▶普段開けることのない消火栓。操作方法を学びました。

▶実際に放水を体験。遠くまで放水できることに参加学生たちは驚いていた様子でした。

▶水消火器の使い方を学びました。家庭など身近な場所で発生する火災にも備えれます。

▶「火事だ!」と声出しし、コーンを発火場所と想定した放水を体験。

▶原常務より、過去の災害経験から、防災訓練を行い「いざ」というときに備えることの大切さを学びました。

 

問い合わせ先
横浜商科大学 管理本部総務部庶務課
発信部署
横浜商科大学 アドミッション?広報部
お知らせ一覧に戻る