ニュース&トピックス
NEWS & TOPICS

2022年09月02日
横浜商科大学

【硬式野球部】「リーグ戦優勝」「明治神宮大会出場」を目標に夏季キャンプに臨む

硬式野球部より、81日(月)~810日(水)に秋田県大仙市で行われた夏季キャンプのレポートが届きました。硬式野球部の夏季キャンプは、練習試合などスキルアップを目的としたプログラムだけではなく、子供向けの野球教室を開くといった地域貢献プログラムも盛り込んでいます。硬式野球部は「秋季リーグ戦優勝」「明治神宮大会出場」を目標に頑張っております。応援、どうぞよろしくお願いいたします。

 

【硬式野球部 夏季キャンプレポート】

私たち、横浜商科大学硬式野球部一同は81日(月)~810日(水)まで、秋田県大仙市にて夏季キャンプを行いました。春季リーグ戦では5位という悔しい結果になってしまいましたが、この悔しさを次への力に変え、「秋季リーグ戦優勝」「明治神宮大会出場」という目標を掲げ、今回のキャンプに臨みました。

《試合や練習の様子》

 

10日間にわたるキャンプでは、社会人、大学、高等学校のチームと全12試合を行いました。高校生との試合では、試合前に合同でノックを実施。野球のプレーについて具体的に教えることはもちろん、声を出して野球を明るく元気にやる事や、ミスをしても前向きに取り組むことの大事さを教える時間もあり、彼らとの交流を通してお互いに成長する時間となりました。

《大曲高校と試合前合同ノックの様子》

 

また、私たちのキャンプでは地域貢献プログラムも実施しています。今回はキャンプ5日目に、大仙市の中学生に向けて野球教室を開きました。

野球教室では、中学生と一緒にキャッチボールをし、ロングティーやバッティングを行いました。投手はピッチングを行い指導しました。また大学生のロングティーの実演も行ったところ、中学生は大学生のレベルの高さに目を輝かせていました。最後に中学生に向けたアドバイスとして、野球をする上で、学校生活や勉強をしっかり行うことが一番大事であると伝えました。私たちは、当たり前のことをしっかり行い、その上で野球を元気に声をだして全力でプレーすることが大事だと考えています。この野球教室を通じて中学生と交流することができ、充実した時間を過ごすことができました。また、参加してくれた中学生にとって、今回の経験が今後の野球人生の糧になると幸いです。

《地域貢献 野球教室の様子》

 

最後に、大仙市よりお米をいただきました。毎日、選手の力になる補食をとることができますこと、御礼申し上げます。また、宿泊先の「嶽の湯」の社員の方をはじめ、多くの人の厚い協力のもと無事キャンプを成功することができました。お世話になった方々へ、良い報告ができるよう日々の練習に必死に取り組み、秋季リーグ戦優勝を果たせるように頑張りたいと思います。

 

9月6日(火)開幕 神奈川大学野球秋季リーグ戦について

硬式野球部についてはこちら

問い合わせ先
横浜商科大学アドミッション?広報部
/inquiry/
発信部署
横浜商科大学硬式野球部
お知らせ一覧に戻る